風の子保育園 児童館はらっぱ 子育て支援センターつめくさ あおぞら学童

荒馬踊り

館林で和太鼓中心に民俗芸能に取り組まれている関口達也さんが保育園に来てくださりました。はじめに太鼓や笛を聴かせてもらいました。そして、荒馬踊り。関口さんの力強い太鼓に、どのクラスの子も気持ちよく飛び跳ねて踊っていましたよ。かもしか組は作った荒馬をつけて踊り、関口さんから荒馬踊りの意味や踊りを教えていただきました。

「オキクルミと悪魔」を渡す

「オキクルミと悪魔」(作:木村次郎 曲:丸山亜季)

第一場「荒熊親分」

オプタテシケの山々には雪…コタンでは、狩りの準備、縫物、料理、子育てと活気に満ちている。「湖を渡ってくる風はまだ冷たいが、春だ!」~「荒熊親分・子分たち登場」~小さいオキクルミが人に悪さをする荒熊たちを懲らしめる。

第二場「アメマスとの闘い」

漁をする村人たちを「アメマスの化け物」が飲み込んでしまった。川鳥から話を聞いた少年オキクルミは村人たちの命と豊かな暮らし取り戻すためにアメマスと闘う。

第三場「大いなる悪魔との闘い」

悪魔は里川に毒の水、毒の霧を流し、生きとし生けるものすべての生命を奪っている。青年オキクルミは里人たちと大いなる悪魔との闘いに向かう。その闘いはすさまじく…追いつ追われつ…怪物たちと里人たちもすさまじい闘い。オキクルミは、いら立つ心を押さえ姉に託された「銀の矢」を射る…「銀の矢」は光を追い越し金の風を起こし大いなる悪魔を射抜いた…コンカニペランラン シロカニペランラン…霧が晴れていく…。ふたたび豊かなアイヌモシリ…子どもらは笑い唄い、魚群れて、木の実輝き、野には鹿…かぐわしい香りにあふれて…。

のうさぎ組(2歳児)やまばと組(3歳児)は「荒熊親分」「アメマスとの闘い」まで、きりん組(4歳児)かもしか組(5歳児)は第三場「大いなる悪魔との闘い」まで観劇。子どもたちの劇を見つめる真剣なまなざしを感じて役者たちも熱の入った演技をしていました。保育士たちは「帯広カムイトゥウポポ保存会」の奈々子さん、文恵さん、裕樹さんたちから教えていただいた「ウポポ(唄)」「リムセ(踊り)」を練習して劇中に披露しました…イライアライケレ。

卒園記念「大いなる悪魔の衣装」…2023年度かもしか組保護者寄贈

今回の劇中「大いなる悪魔」が着用させていただいた衣装…卒園するかもしか組の皆さんから記念品としていただきました。たいへん美しい貴重な衣装です。だいじにしていきます…ありがとうございます!!

和紙すき

かもしか組が飛駒和紙会館へ行き、卒園証書になる和紙をつくってきました。つくり方を良く聞き、順番で和紙づくり。みんな真剣につくっていましたよ。みんな終わると、和紙の材料(こうぞの木の皮・トロロアオイの根)についても教えてもらい、すいた和紙の乾燥・仕上をお願いして帰ってきました。和紙の出来上がりが楽しみです。

鮭祭り

0・1歳児はフロアで、2歳から5歳児はホールで、ウポポ(唄)とリムセ(踊り)を楽しみ…大きな鮭が登場。いっこうさんが火を起こしてくれて、早速焼きました。焼くとすぐにいい香りが園庭に広がり、0・1歳児も近くで「おいしそう!」とみつめていました。焼きあがるとすぐに昼食。調理室の作ってくれたアイヌ料理のメニューに焼きたての鮭も加わり、「おいしい!」と大喜びで食べていました。(焼きたての鮭は4・5歳児が中心で食べて、他のクラスは少しずつ味見しました。)

乗馬体験

かもしか組(5歳児)がみかもライディングクラブに行き、乗馬体験をしてきました。自分よりもとっても大きな馬に、少しドキドキしていた子どもたちですが、馬に乗ると笑顔に。「揺れておもしろい」「たかーい」と喜んでいましたよ。乗馬の後は自分たちで切ってきた人参をポニーにあげたり、触れ合ってきました。午後には荒馬の頭づくり。間近で観てきた馬を思い出し、それぞれ個性的な馬の頭を描いていました。

唄い踊ろう!

今年も『帯広カムイトウウポポ保存会』の酒井奈々子さん・荒田文恵さん・荒田裕樹さんが北海道より風の子保育園に来てくださり、子どもたちに本物のアイヌの文化を伝えていただきました。

たんぽぽ組(0歳児)あひる組(1歳児)、のうさぎ組(2歳児)やまばと組(3歳児)、きりん組(4歳児)かもしか組(5歳児)が順に、ウポポ(唄)やリムセ(踊り)を楽しみました。奈々子さんのウポポと文恵さんのリムセを丸ごと受け取り、夢中になって踊りました。そして裕樹さんの「ク・リムセ(弓の踊り)」「エムシ・リムセ(剣の踊り)」を憧れの眼差しでみつめ、その後一緒に真剣に踊っていましたよ。たくさんのものを3人からいただきました。「イヤイライケレ(ありがとう!)」

 

アイヌ踊りの会

ホールに集まって…「ロックウポポ(座って唄う)」「バッタの踊り」「キツネの踊り」…などなど…たくさん楽しく唄い踊りました。保育士たちの「シキシキ」対決(体力が尽きるまで跳ねて踊る)はナオトが優勝!「ホンカヤチップ」「イチャリコ」…(二人組で踊る)…などなど…笑顔と歓声がはじけました。最後は鮭になってそれぞれ遊びに出かけていきました…!

2月3日(土)4・5歳児と保護者の皆さんに「オキクルミと悪魔」全編(職員劇)を観ていただきます。2月6日(火)0歳児~3歳児「アイヌコタンの豊かな暮らし」~「荒熊親分」~「アメマスとの闘い」の職員劇。2月6日~8日は、10年以上…風の子に毎年来ていただいている「帯広カムイトゥウポポ保存会」の奈々子さん、裕樹さん、文恵さんをお迎えして「ウポポ(唄)」「リムセ(踊り)」を楽しみます。子どもたちも保育士・職員たちもワクワクです…!!!

職員劇「オキクルミと悪魔」 練習会

19日(金)18時から2月3日に公演する「オキクルミと悪魔」(作:木村次郎 曲:丸山亜季)の練習をしました。劇中の合唱やアイヌの踊りの練習をしてから、劇練習へ。大事にしたいところをみんなで確認し合いながらつくり合っています。夜遅くまで練習は続きました。

きりん組(4歳児) 焼いも

きりん組が保育園で育てたさつまいもで、焼いもをしました。自分たちでお芋に新聞紙とアルミホイルをまき、焚き火の準備もしました。火をつけると〝まだかな~〟と焚き火台のまわりで楽しみに見守る子どもたち。出来上がると、大喜びで食べていました。たくさん作ったので他のクラスにもおすそ分けしましたよ。 おいしい焼いもをありがとう!

あおぞら学童 おもちつき

あおぞら学童で年末におもちつきをしました。学童の子どもたちも、もちつき体験。慣れている子もいれば、初めての子も…。それぞれが一生懸命にお餅をつき、おいしく出来上がりました。お餅の味付けは、醤油のり・きな粉・あんこ。みんなお腹いっぱい食べていましたよ。 保育園の年長さんも見させてもらい、おすそ分けをいただきました。〝おいしい!〟と大喜びでした。