風の子保育園 児童館はらっぱ 子育て支援センターつめくさ あおぞら学童

エルマーのぼうけん

かもしか組に招待されて「エルマーのぼうけん」の歌をうたいに行きました。読み進めている「エルマーのぼうけん」の第1話の読み終わったときに1番の歌をうたってきました。今回は「エルマーとりゅう」第2話の歌をうたいました。子どもたちは直ぐに覚えて1番も2番も楽しく愉快に歌ってくれました。とてもうれしかったです…ありがとう! この歌はいっこうが大昔(とても若かった頃)…かもしか組の担任だった時に「エルマーのぼうけん」の劇ごっこを楽しみながら子どもたちと創った歌です。そのころの子どもたちはもうお父さんお母さんになっていますね。

※「エルマーのぼうけん」「エルマーとりゅう」「エルマーと16ぴきのりゅう」の3部作は、ルース・スタイルス・ガネット作、 絵は母親ルース・クリスマン・ガネットです。初版は、1963年。今日も世界の子どもたちに愛されている児童文学です。(いっこう)

あおぞら学童の川遊び下見

清流「大芦川」に行ってきました。あおぞら学童・夏休み企画の川遊びの下見です。水はきれい…アユやカジカなどの魚がたくさん…カニもいましたよ。一日中…楽しく遊べそうです!!

キャンプ

6.23(金)かもしか組(5歳児)たちのデイキャンプ(夜までお楽しみ会)。キャンプ道具もみんなで運んで岩本園長からキャンプの手順を教えてもらって…さっそくみんなでテント設営‥。協力し合ってあっという間に完成!シュラフでお昼寝のあと…カレーの食材調理…包丁も使いましたよ…。いっこうさんにカレーの煮込みをお願いして…三杉川の田んぼへザリガニ釣り…たくさん釣れました。「美味しい…!」カレーに舌鼓…。三線で歌ったり踊ったり…真っ暗な保育園を探検…フィナーレはもちろん…花火…!!お迎えの保護者と対面して…デイキャンプ…楽しく終了しました。(いっこう)

荒馬~田植え

もち米がぐんぐん成長しますように…田んぼから悪い虫が出ていきますように…と願いを込めての荒馬踊り。保育士が踊った後は、子どもたちの出番。〝ラッセーラー ラッセーラー〟と元気な掛け声と、元気な踊り…。 そして田植え。 初めは不慣れな手つきで植えていたかもしか組もすぐに慣れ、それをみてきりん組、やまばと組も…。かもしか組は終わる頃には両手植えをするまでになっていましたよ。 たくさん実りますように! (いわもと)

じゃがいも掘り…!

かもしか組(5歳児)のHさんお母さんの畑(船津川町)に招かれてじゃがいも掘り体験をさせていただきました。はじめは「どこ?どこ?」でしたが大きなじゃがいもが出てくるとうれしくてどんどん収穫しました。コンテナ4個分いただいて…「キャンプのカレーで食べようね…!」と会話も弾みました…。アイスもご馳走になって…楽しいじゃがいも掘り体験でした。ありがとうございました。

園に帰るともちろん…プールに飛び込みました!(いっこう)

6歳誕生会

ホールに全クラスが集まり、6月生まれの2人のお祝い。リズムや歌声が素敵でした。4歳児(きりん組)より手作りの冠が渡されて「おめでとう!」の掛け声に、嬉しく「ありがとう」とこたえる2人でした。誕生会が終わり、スキップで5歳児(かもしか組)が退場すると、つられて0・1歳児もスキップしたくてホールの真ん中へ。他のクラスも、楽しくスキップでクラスのあそびに向かっていきました。  (いわもと)

Hさん6歳誕生日

Hさん 6歳おめでとう! 今日はHさんの好きなあそび かくれんぼやおにごっこをクラスみんなで楽しんだよ。

エビフライ大きくて美味しかったね。(いわもと)

麦の収穫…

今日は晴れ…プールでひとあそび…! たわわに実った麦を刈り取りしました。刈り取り用のカマの使い方を教えてもらって…刈り取り開始。初めは緊張して…ましたが…どんどん上手になって…たくさん収穫できました。うどん…ピザ…なにつくろうかね…!いっこう

土日は研修…

11日(土)佐野短大・大講義室にて佐野Strong Start研究会主催で東京大学Cedpより野澤准教授先生をお呼びして「第6回Agency講座」と「第2回総会」を開催しました。金子市長さんはじめ、副議長さん、部課長さん方のご挨拶もいただきました。岩本園長は新役員に、長谷川理事長は事務局長再任です。佐野SS研は、市内の公私立すべての幼稚園、認定こども園、保育園、小規模園、学童保育関係者が「保育の質向上」を目指して2017.6.29日に設立した研究組織です。施設形態の壁を越えた研究会は全国的に稀な組織です。

一方、風の子保育園では、11日(土)12(日)「第61回全国保育問題研究集会」が開催され保育士・職員はZoomにて参加しました。「音楽分科会」「集団作り」「子育て支援」「保育園給食」の分科会にそれぞれ参加。「音楽分科会」では藤波主任が運営委員として責任を担っています。

※3枚目の写真は、毎朝、お掃除を手伝ってくれるUさんです。(6.18いっこう)

うたとリズム…大塚さん荻野さんを迎えて

群馬の保育・音楽教育を長年実践してこられた大塚さんと荻野さんの来園を子どもたちも保育士たちも心待ちしています。大塚さんのピアノ…そして荻野さんのイメージを受け取って子どもたちの活き活きとしたリズム表現を見てください。歌は、大塚さんのピアノでかもしか組(5歳児)が「スーホの白い馬(9曲)」(曲:丸山亜季 詩:久保田譲)の中の「一すじの光となって」です。白い馬が草原を走り抜けていきます…!(いっこう)