風の子保育園 児童館はらっぱ 子育て支援センターつめくさ あおぞら学童

オキクルミと悪魔(前編)2・3歳児へ

オキクルミと悪魔(前編)を2歳児・のうさぎ組と3歳児やまばと組の子どもたちに手渡しました。子どもたちが保育士たちの表現する物語にすごい集中して観ていました。保育士たちはそんな子どもたちの姿に感動します。(第一幕)アイヌモシリのコタンは、もうすぐ春、歌や踊りで活気に満ちています。荒熊親分たちが腹を空かせ、人の匂いのする足跡を食べながら山から下りてきました。小さいオキクルミは人に悪さをする荒熊たちを懲らしめました。(第2幕)悪魔の手下のアメマスが湖で眠っているすきに里人たちはそ~と漁をします。目を覚ましたアメマスは里人たちを次々に飲み込んでしまいました。少し大きくなったオキクルミは川鳥たちから里人たちの不幸を聞いてアメマスと闘います。オキクルミはアメマスの肉を切って岸辺にまくと~里人たちが蘇り…コタンに再び平和が戻りました。部屋に帰った子どもたちは「荒熊親分」「アメマスとのたたかい」を歌い続けていました。

荒熊親分…0・1歳児

0歳児(たんぽぽ・つくし)1歳児(ひよこ・あひる)の子どもたちと「うたとリズム」そして「荒熊親分」を楽しみました。体の大きい男性保育士たちがアイヌ衣装を着て荒熊の表現をしました。泣いてしまうかも…と思っていましたが…子どもたちは笑いながら大喜び!オキクルミも登場して悪さをする荒熊たちを懲らしめました。満足した子どもたちは、シカになって庭へと飛び出していきました。

「オキクルミと悪魔」の練習

子どもたちに手渡す「オキクルミと悪魔」(作:木村次郎 曲:丸山亜季)前編・後編の練習をしました。昨年までは、帯広カムイトゥウポポ保存会の酒井奈々子さん、荒田祐樹さんたちを招いて踊り(リムセ)や歌(ウポポ)を学んでいました。しかし、今年はコロナ禍で叶いません。保育士たちはこれまで学んできたウポポ・リムセ、そしてアイヌの物語を自力でていねいに子どもたちに手渡し楽しみます。

緊急事態宣言…栃木県

人口比率での感染率は栃木県は第3位です。爆発的な感染拡大=ステージ4です。本日、保護者の方々へ「コロナ感染拡大を広げないためのご協力のお願いNo8」を発行いたしました。職員会議では、つめくさ会独自のガイドラインを策定し、緊張感をもって保育活動をしていこうと話し合いました。地域の皆さんとともに保護者の皆さんとともに感染拡大をくい止めましょう。 子どもたちは元気です! あおぞら学童さんたちも元気です!

明けましておめでとうございます!

子どもたちが元気に登園してきました。保育室や園庭に子どもたちの声が響いています。年末の時よりも…お正月を家族と楽しんで心も身体も大きく成長している気がします。今年も早くコロナを終わらせて楽しい園生活や行事を創っていきたいですね。よろしくお願いいたします。

楽しかった~ウィンターパーティー!

今年のウィンターパーティーは、密を避けるために3グループに分かれて楽しみました。0・1歳児は、シロホンやバンジョーでうたを歌って「ウサギとリス」「オオカミとカラス」ごっこをしてリズムして楽しみました。2・3歳児は、大型紙芝居~保育士たちの楽器演奏で「ああもみの木」などを一緒に歌ったり「あれ野の果てに」保育士合唱や「カリンカ」戸叶独唱を聴いて、ホールで森は生きているごっこをたっぷり楽しみました。4・5歳児は、バンジョー演奏のコラール(バッハ)を4部合唱や大月事務長のギターと園長のバンジョーで「お星がひかる」などを一緒に歌いました。続いてきりん組(4歳児)は、歌芝居「魔笛」(モーツアルト)を劇表現しました。かもしか組(5歳児)は、オペラ「森は生きている」を演じました。きりん組の劇は、子どもたちが「魔笛ごっこ遊び」をしているようで楽しかったです。かもしか組は、堂々とキャスティングされた役になり切って台詞を発し、舞台を大きく使って表現をし、歌も大好きが伝わってきました。詳しくはクラスだよりで…!

そうそう…サンタさんのプレゼントも届きましたよ!お昼ご飯は「ビーフカレー」おやつは「パネトーネ」美味しかったね!

明日ウィンターパーティ…!

23日(水)は、楽しみなウィンターパーティです。毎日、各クラス…もみの木を作ったり…歌をうたったり…おや、かもしかさんは、劇の練習かな…? サンタクロースは来るのかな…?プレゼントは届くかな…?

のうさぎ組の森で~(12/18)

のうさぎ組から園長に「森ができたのでバンジョー持って歌いに来て~!」「いいよ~」というっことで「森のミニコンサート」が始まりました。1歳児の時、バンジョーと一緒に歌ってから1年ぶり~。覚えていたのか「ヘンゼルとグレーテル」「お星がひかる」「ティンクルティンクル」など一緒に歌行ってくれたので嬉しくなりました(園長)。「じゃあ、踊ろうか~!」…「♪おおスザンナ…♪」などを弾いて輪になって楽しく踊りました。もうすぐウィンターパーティだね…楽しみ楽しみ…。

のうさぎ組の森

のうさぎ組(2歳児)の部屋も森になりました。

イクラちゃんたち…

鮭の卵がやってきました。すでに孵化している子もいます。しばらくはお腹の卵の栄養で育ちます。毎日、交代で成長を画用紙に描いています。上手でしょう…!3月の卒園のころ稚魚たちを渡良瀬川に放流します。かもしかの子どもたちもイクラ・稚魚ちゃんたちのようにくっつきあって育っています。